川越にある接骨院の治療機材を紹介

各種保険
自賠責保険
労災保険

  • 0492482460
  • 休診日:日曜日
  • 月・水・金

    8:30~12:00
    15:00~20:00

  • 火・木

    8:30~12:00
    15:00~21:00

  • 土・祝

    8:30~12:00
    土は12:30まで

治療機材


機材紹介

当院では患者様の症状、好みに合わせてオーダーメイドの治療を行えるよう、多彩な機材を取り揃えております。ここでは当医院で使用している医療機器についてのご紹介をいたします。

フィジオショックマスター(圧力波治療器)

image

トップアスリートのコンディショニングサポートとして、世界65ヶ国で使用されている治療器です。

疼痛緩和・筋疲労回復

長期の慢性的な筋や腱の機能改善において実証されており、様々なスポーツ障害の改善が期待できます。

パフォーマンスアップ

トレーニングによって腱にかかる負担を軽減させ、リラクゼーション効果によって選手のパフォーマンスアップに大きく貢献します。

早期回復

受傷後のトレーニングで従来必要とされた休養期間を短縮し、素早い現場復帰、ケガの早期回復に役に立ちます。

フィジオラジオスティム(高周波温熱機器)

image

トップアスリートの方へのケアにも使われている、最新の高周波温熱器です。

素早く温める

皮膜された絶縁電極によって、コンデンサのように作用し、主に電極を当てた部位をスポット的に加温します。

じっくり温める

皮膜されていない電極を用いて、幅広い部位への加温に適しています。

ストレッチセラピー

ストレッチを行わせる動作と連動して、その部位に合わせたモードを行う「ストレッチセラピー」で、より一層の効果が期待できます。

セダンテ ネオ

image

異なる2つの搬送周波数を結合させて生じるマルチインパクトウェーブにより、様々な症状の患者さまに対して、より効果的な治療が可能となります。搬送周波数を高速にスイープさせることで、表層部と深層部への刺激を効果的に行います

また、極低頻度周波数(0.1pps〜0.9pps)の採用によりゆっくりと深い揉みを体感できます。あたりは柔らかくも力強い刺激となります。

エレクトロアキュスコープ80L

image

主に神経系の痛みを対象にした治療器で、アレルギー疾患に対する研究も行われています。

  • ○術前術後の急性痛のコントロール
  • ○慢性痛の緩和とコントロールのための継続治療
  • ○他の物理療法を併用して治療する際の一時的な疼痛緩和
  • ○外傷

主に筋肉・靭帯・骨組織に作用します。

  • ○筋肉痙攣の緩和
  • ○筋肉萎縮の阻止
  • ○局部的血液循環の促進
  • ○可動域の増大と筋肉の再訓練

身体の内なるエネルギーを調節するといった東洋的発想と生体内の異常を電気的に改善させるといった西洋的発想を融合させた、いわば微弱電流治療器のパイオニアで、生体の治癒レベルを従来の治癒技術では成し得なかった水準まで引き上げることができます。

特徴

全身に広がった不均衡是正と、急性、慢性の不調を治療します。患部の病理振動を読み取った後、治療に必要な電流を患部へ送り、疼痛の緩和と組織の修復再生を電気的に促進させます。時間と共に刻々と変化する生体内の状態と電気的刺激との連続的interaction(相互会話)により、体内の恒常性を強め加療するという新しい発想の治療器です。今後の医療現場において真に求められている治療器です。

適応

  • ○運動系疾患
    腰痛、腱損傷、筋肉痙攣、捻挫、関節炎、リウマチなど
  • ○神経系疾患
    頭痛、神経痛一般、麻痺、不眠症など
  • ○皮膚疾患
    創傷、やけど、アトピー性皮膚炎など
  • ○消化器疾患
  • ○循環系疾患
  • ○婦人科疾患
  • ○その他
    炎症性疼痛、外科手術前後の痛み、気管支炎、免疫機能増強、メンタルストレスなど

※いずれの疾患も、FDA(米国食品医薬局)が認めた適応疾患です。

ハイトップ184

image
ハイトーンとは

ハイトーン治療とは周波数と振幅を同時に変調させる療法です。この治療により、細胞内の生化学及び生理工程が調整され、細胞の“動力”であるミトコンドリアの数や量が増加します。ミトコンドリアの増加により、細胞間の共同作用や伝達が改善されエネルギー位置が活性化されます。治療後には、患者は長時間にわたってジョギングした時のようなリフレッシュ感を覚えます。

ハイトーンの目的

従来の電気治療は0~200Hzや4000Hzという中間波範囲の振動変調を用いていました。しかし、その方法では電気強度は変調しますが、周波数は一定に保ちます。ハイトーン治療では、振幅と周波数を同時に変調させ、周波数が高いほど、患者の電気感受性の閾値曲線に基づいた形で、より多くの刺激強度を加えることが可能になりました。

ハイトーン治療の効果

1秒間に72、4分音符において3オクターブにわたって毎秒移動する周波数を応用した治療をハイトーン治療といいます。3オクターブのトーンは一般的に音楽で用いられるものと同じトーンです。このハイトーン治療はが電粒子を振動させる電場という状態で身体に浸透し、発生した振動周波が分子や細胞構造を共振させます。これらの理由により、幅広い周波数帯を使用することが重要となります。

共振現象

従来の電気治療においては、神経や筋肉を刺激するのに対し、ハイトーン治療の目的は細胞に直接働きかけることにあります。主な効果として挙げられるものは2つあります。

  1. 身体にエネルギーを加え、エネルギー電位を引き上げることにより細胞を活性化し、身体に活力を与えます。
  2. 痛みを緩和させる目的で細胞や組織構造を共振させ、代謝工程を正常化させます。

ステレオダイネーター928

image

当院では、筋力UPおよびメディカルダイエットを指導しております。筋肉のコンディションは年齢・性別が違いますから、目的別にあわせて浅層、中層、深層筋を選んで、ステレオダイネーター928(3次元立体動態波、SMS、MF、Incotinence)(gbo社製)を使用し、速筋、遅筋、混合筋の筋力トレーニングを行います。それでは、なぜ筋力UPが必要なのかというと、筋肉は物を持つとき、立つとき、寝返りするときなどなど…。様々なシーンで活躍しています。その筋肉が衰えると、骨、靭帯、関節にストレスがかかり、痛みや変形、骨折などを誘発させる原因となりえます。

また、ステレオダイネーター928は新陳代謝をUPさせる効果があるので、痩せやすい体を作ります。したがって、良い筋肉を作るには、筋力UPのみならず、ストレッチを取り入れることによって柔軟性を高める必要があります。柔軟性を保った筋肉は酸素を取り込む量が増えるので、カロリー消費をアップさせることにつながります。

レボックス

有名スポーツ選手も愛用する「魔法の箱」

image

レボックスは、主として疼痛治療に使われている、イギリス生まれの医療機器です。世界的に有名なスポーツ選手も愛用していることで知られ、ヨーロッパでは非常にポピュラーな装置です。痛みを緩和する効果に優れ、その効果のほどは、欧米で「マジック・ボックス」という異名を与えられているくらいです。「マジック・ボックス」という言葉の通り、幅30cm、奥行き20cm、高さ4cmほどの小さな箱に、ふたつの電極がついているだけのシンプルな外観をしていますが、そのシンプルさに似合わないほど、治療効果は高いのです。

微弱電流を発して治療に使う機器はほかにもたくさんありますが、交流を電源としたこれらの治療機器の場合は、中の整流器で直流に変換していても、測定器で波形を調べると、波を打ったような不安定な電流であることがわかります。これに対し、レボックスが電源としている電池から出るのは直流電流で、波形で見ると一直線に真横に伸びる形を描くような、いちばん安定した電流であるため、親和性が大変高いのが特徴です。

直流の電流をストレートに生体組織に流すことができる治療機器は、レボックス以外にはありません。

スーパークリオ

image

ヘッド部分を最低マイナス10まで冷却し患部の熱を素早く冷やす。レボックスとのコンビネーション治療で威力を発揮!! 炎症の軽減、疼痛緩和、外傷治療の強い味方。

メディセルミニ

専用アタッチメントで様々な部位の施術が可能。
目的、症状に応じて施術が自由自在に。

image

Medicell MINIは、専用アタッチメントで皮膚を吸引しながらローラーで揉みほぐす機器です。皮膚に直接吸引することで、筋膜リリースによって筋膜の癒着を改善します。吸引レベルはデジタル表示され、レベル調整が可能。専用アタッチメントは5種類あり、部位や症状に合わせてアタッチメント選択ができるので、頭の先から爪の先までさまざま部位や症状に合わせた施術が可能。
専用ケースで持ち運び可能。往診や遠征にも重宝されています。

ページトップへ戻る