スポーツ診療のお問い合わせは、川越市今福、山本接骨院へ

各種保険
自賠責保険
労災保険

  • 0492482460
  • 休診日:日曜日
  • 月・水・金

    8:30~12:00
    15:00~20:00

  • 火・木

    8:30~12:00
    15:00~21:00

  • 土・祝

    8:30~12:00
    土は12:30まで

スポーツ障害


スポーツ損傷ついて

つらい外傷やスポーツ障害については、まずご相談下さい

このような症状・お悩みの方にご利用いただいております

部活動をされている学生から、アマチュアスポーツ選手、プロスポーツ選手、そしてゴルフやテニス、柔道などスポーツ傷害で何かお困りのときは、お気軽にご相談ください。

  • ケガをよくしてしまう
  • 肉離れの経験がある
  • 整形外科でオスグットと言われた
  • 捻挫が癖になってしまっている
  • 骨折や脱臼、その回復を早めたい
  • テニスや、野球で肩を痛めた
  • 記録に伸び悩んでいる方
  • リハビリテーションをされたい方
  • 練習後の疲れがなかなか取り除けない方
  • トレーニングの方法が分からない方
  • 捻挫が癖になってしまっている

スポーツ損傷とは

近年のスポーツのレベルの向上により、高いレベルでの練習が求められる為、怪我をしてしまうケースが多くなっています。

また、最近の学生の体の特徴に運動の不足によって股関節が弱いと言われています。しゃがむなどの動作もふらついてしまったり、体の重心が後方に移動する為、猫背になりやすく、オスグットやシンスプリントといった成長期の障害になってしまうケースが増えています。

スポーツ傷害の治療について

スポーツ選手はほとんどの方が体のどこかに痛みを抱えています。ほとんどの場合、競技を続けながら治していかなければなりません。ですから、日ごろの体のメンテナンスが大切になります。

野球肩について(投球肩)

image

野球の投球動作で生じる肩の痛みです。関節や、肩関節に付着する腱や筋の損傷によるもので、肩の前方または後方が痛みます。肩を使うたびに肩が痛むことが特徴です。腕を前方にまっすぐ伸ばした状態で、腕を上方へ押し上げると強く痛むのが特徴です。

痛みがあらわれたら、すぐに当院までお越しください。「野球をやっていたら肩が少しくらい痛むのは仕方ない」というのは間違いで、適切な対処を行えば改善します。そのためにも、少しでもおかしいなと思ったらすぐにご相談ください。

野球肘について

image

野球の投球動作を続けることで起こる痛みです。特に、カーブなど腕を捻りながら投げる変化球は肘への負担が大きく、野球肘になりやすい傾向があります。症状としては、投球が困難になったり、日常生活においても肘が曲がらない・伸ばせないなどが挙げられます。

野球肘は、野球の練習をしていたら必ずなるというものではなく、投球フォームや運動前後のケアによっては改善が可能です。痛みがあらわれ始めたら、すぐにご相談ください。

テニス肘について

image

テニスをしている方に多いので「テニス肘」と呼ばれますが、テニスをしていなくても症状があらわれる場合もあります。肘の内側、あるいは外側が痛む症状があらわれたら、1度ご相談ください。

肘の関節だけではなく前腕の筋肉に原因があるケースもあります。肘だけを施術するのではなく、当院では腕や身体全体から施術を行い、改善を目指します。また、今後再発しないようにトレーニング方法などについてもアドバイスいたします。

シンスプリント

image

走ることが多いスポーツでよく見られる症状です。運動時や運動後に脛のあたりに慢性的な痛みが起こるものを「シンスプリント」と呼んでいます。放っておくと疲労骨折と診断され、しばらくの間運動ができなくなります。

パフォーマンスを維持するためにも、できるだけ早期の段階で治療を始めることが大切です。また、毎日の運動量やトレーンング方法の見直しも大切です。

ページトップへ戻る